アタルバヘッドマッサージオイル
アタルバヘッドマッサージオイル

¥ 1,480

ブラーミエキスをたっぷり配合。ゴマ油をはじめ主成分は無農薬栽培。
ヘッドマッサージオイルとして、独自栽培のブランミー(ブラーミ・バコパモンニエラ・上記写真の植物)を主成分とし、アムラ(アマラキ)、シャタバリの根エキス、カス(ベチベル)根エキスに加え、アタルバが独自に水蒸留した無農薬ローズオイルを配合。ただし、配合量はわずかのため、仄かに香る程度です。このオイルで、定期的に、就寝前にヘッドマッサージを行うことをおすすめします。

アタルバ・ヴァータマッサージオイル
アタルバ・ヴァータマッサージオイル

SOLD OUT

¥ 2,680

レモングラスの香りが心地よいヴァータマッサージオイルで定期的にマッサージを行うことをおすすめします。このオイルはアーユルヴェーダではヴァータを沈めるオイルとされています。主成分のニルグンデイ(タイワンニンジンボク・独自栽培)、シャタバリ(アスパラグスラセモスス)、プナルナヴァ(ナハカノコソウエキス・独自栽培)は、アーユルヴェーダではお肌にとてもよい(天然保湿作用)とされており、これらのハーブを一旦、水溶した後、それらの水溶成分を独自に無農薬栽培し冷搾した黒ゴマ油にアーユルヴェーダ製法(天然保湿)にて転写しています。さらに、独自に栽培したレモングラスより独自に水蒸留した精油を添加。レモングラスは清涼感のある香りです。

アタルバ・ピッタマッサージオイル
アタルバ・ピッタマッサージオイル

¥ 2,680

ベチパー(インド名:コス)の香り、ピッタマッサージオイルで、定期的にマッサージを行うことをおすすめします。このオイルは、アーユルヴェーダではピッタを沈めるオイルとされています。主成分のドゥルバ(ギョウギシバ・独自栽培で生葉使用)、シャタバリ(アスパラグスラセモスス)、イェシティマドゥ(カンゾウ)は、アーユルヴェーダではお肌にとてもよい(天然保湿作用)とされており、これらのハーブを一旦、水溶した後、それらの水溶成分を独自に無農薬栽培し冷搾した黒ゴマ油にアーユルヴェーダ製法(天然保湿)にて転写しています。さらに、独自に栽培したベチパーの根より独自に水蒸留した精油を添加。ベチパーは心落ち着くウッディな大地の香りです。

アタルバ・カファマッサージオイル
アタルバ・カファマッサージオイル

¥ 2,280

カンファーの香り、カファマッサージオイルで定期的に、マッサージを行うことをおすすめします。このオイルはアーユルヴェーダではカファを沈めるオイルとされています。主成分のアムラ(アンマロク・独自栽培)、ハルダ(ミロバラン・独自栽培と野生種)、ベハダ(セイタカミロバラン・独自栽培と野生種)、グドゥーチ(イボツヅラフジ・独自栽培)、ニーム(アザジラクタインジカ・独自栽培)は、アーユルヴェーダではお肌にとてもよい(天然保湿作用)とされており、これらのハーブを一旦、水溶した後、それらの水溶成分を独自に無農薬栽培し冷搾した黒ゴマ油にアーユルヴェーダ製法(天然保湿)にて転写しています。さらにクスノキより独自に水蒸留した精油を添加。カンファーは爽快感のある香りです。

タングスレーパー(銅製・インド製)
タングスレーパー(銅製・インド製)

¥ 1,800

舌の上には口の中の汚れの70%が付着していると言われます。朝起きてすぐ、鏡で舌を見てみると真っ白になっていることがあります。老廃物なのですが、それらをタングスレーパーでしっかり取り去ることで、虫歯・歯周病・口臭予防になります。

ホーリーバジル(トゥルシー茶)
ホーリーバジル(トゥルシー茶)

¥ 1,296

アーユルヴェーダのハーブの中で「奇跡のハーブ」と呼ばれ、とても人気の高いハーブ「ホーリーバジル」ホーリーバジルを飲むと体の中の滞り(心身とも)がとれて、とても爽やかな気分になります。深くリラックスできるので、ストレスを感じやすい時や気分を一新したい時などにとても助かります。一般的にホーリーバジルは、抗ストレス、免疫力を高める、インフルエンザ・風邪の予防・花粉症・アレルギー・喘息・鼻風邪・吐き気・心臓に良い・頭痛・食欲不振などに良いと言われています。

金時ショウガ粉末 100g
金時ショウガ粉末 100g

SOLD OUT

¥ 2,300

金時ショウガとは
金時ショウガの「金時」とは品種名のことで、この「金時」は一般のショウガと比べて小型で香りが強く、切り口は濃い黄色をしており新芽が赤いことが特徴です。また他の品種のショウガにはほとんどない香り成分「ガラノラクトン」が豊富に含有されていることでも知られています。その上、「ジンゲロール類」は他のショウガの約4倍の含有量を誇ります。
{お召し上がり方}
茶サジ一杯位を水またはお湯でお召し上がりください。
紅茶や牛乳等に入れ、お好みによって黒砂糖やハチミツを加えてもおいしく召し上がれます。
また、ヨーグルト、味噌汁、魚、肉料理にも是非お試しください。